エアコン取り付けで古いエアコンの処分に料金がかかるのは

未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンが壊れた時、新たにエアコン取り付けを考えることになるでしょう。今ではあって当たり前の家電になってきているからです。ですが、処分にかなりの料金を必要になることを提示され、思ったよりも大きな出費になってしまうことが出てきます。その理由は、大型家電は勝手に処分することができないからです。適切な処分するためには、法律で定められた方法を採らなければならず、処理に料金を必要になっているからですが、理解しておかないと大きな失敗を招くことも出てきます。

勝手に処分できない家電リサイクル法と料金

引き取り業者法律によって家電リサイクル法ができたことは、大きな話題になりました。現在ではあまり話題に上がることがなくなってきてはいますが、この法律があることによって、ごみとして処分するとしても、お金がかかるようになっています。2001年に本格的にスタートした法律ですが、その中にエアコンが含まれているのは、処分するときにフロンガスなど有害物質が放出されてしまうからです。適切な処分をするためには、それだけの費用がかかることから、有用なものはリサイクルするように促すことで考えられた法律であることも大きいでしょう。

引越しや入れ替えなどでいらなくなった家電は、引き取ってもらわなければいけません。郵便局でリサイクル券を購入して、指定されている引き取り所に自分で持ち込むことによって、適切な処分も可能です。依頼もできるようになっており、指定の回収日に取りに来てもらえます。ただし、運搬費がかかることも出てくるため、かなりの費用になることも珍しくありません。

こうなると問題なのは、違法な業者も出てくる点にあるでしょう。かなりの料金がかかってしまうため、どうしても負担が高まるからです。無料の引き取りをうたっているところが大半ですが、ほとんどは無許可であり、一般廃棄物収集運搬業の許可はうけていません。積み込んだとたんに請求されるといったケースもありますし、いきつく先は売れる金属だけを抜き取り、不法投棄につながるといった例もあるため、適切な処分を考えなければいけないでしょう。

自分で持ち込んで処分もできる

エアコン取り付けの際には、古いエアコンを処分することも出てきます。料金が発生してしまうのは、この家電リサイクル法があるためです。取り外しは無料であっても、処分する際には、リサイクル料金と収集運搬料金がかかってしまいます。見積もりを見ると、正確に記載されているはずです。エアコン取り付けと取り外し、処理までがセットになっているプランを持っているところもありますので、事前に検討するのもいいでしょう。

エアコンの処分の料金は、メーカーや機種によっても異なります。時期によっても違いがあり、実はメーカーと家電量販店にも義務付けがなされているのが重要です。家電量販店などでも引き取りをおこなっている部分にもなってきますが、事前に料金だけを支払うといった方法も選択できます。標準的な料金としては、1,000円程度であり、運搬だけを依頼するといった方法も考えられるでしょう。事前に支払いを済ませるとしても、そこまで高額ではないことから、見積もりを見て検討してみる部分ともいえます。

自分で処分を考えていくことは、エアコン取り付けの費用負担を軽減するための方法のひとつともいえるでしょう。車があれば、自分で指定の処理施設に持ち込むことも可能です。特に引越しで古いエアコンを取り外した時には、自分での処理を考えておくと、安価に処分もできるようになります。適切な処理方法をすることによって、環境に対しての影響も抑えられるのですから、検討するべき方法といえるのです。