エアコン隠蔽配管の活用方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンの室内機と室外機をつなぐ配管は通常壁を這っています。極力きれいに見えるように、プラスチック製カバーを被せてある場合もありますが、やはり配管がない方が室内も室外もすっきりときれいに見えるでしょう。

エアコンの配管工事を行う際に、エアコンの配管を天井や壁の内部に隠してしまい、外から配管の存在が見えないようにする工事方法があるのです。この方法を、「隠蔽配管」と呼びます。(参考サイトエアコンの隠蔽配管工事/エアコンサポートセンター)

配管が見えないので部屋がすっきりきれいになりますが、いくつかのデメリットもあります。例えば、工事が非常に複雑で、標準工事ではなく追加工事となるため追加費用を支払わねばならず、かつそれが高額であるという点です。

このサイトでは、隠蔽配管の特徴や、取り付けの際にかかる追加費用はいくらくらいなのかなど、隠蔽配管についてくわしく紹介させていただきます。

隠蔽配管の長所と短所

室外機エアコンは、室内に設置される室内機と、家屋の外に設置される室外機という2つの機械でワンセットのシステムです。この室内機と室外機は壁に穴を開け、配管でつながれます。通常は、この配管は室内機から家屋の外部に向けまっすぐに穴を開けてその穴を通るように設置されます。この方法を「露出配管」と呼びます。

この方法とは別に、壁や天井の内部で配管を折り曲げて、配管が外部に露出する部分を最低限まで少なくする方法があります。この方法を「隠蔽配管」と呼びます。隠蔽配管を行う目的は、配管を壁や天井内部に隠してしまい、外部から見えないようにし、家屋の外観をよりすっきり美しくすることにあります。

隠蔽配管にはまだ他にもメリットがあります。室内機と室外機の距離が大きく離れている場合や、ベランダがない部屋、高層階に位置する部屋や、外部に面していない部屋など、露出配管ではエアコンの設置が難しい状況においても、隠蔽配管を用いればエアコンの設置が可能となるのです。そのため、都心マンションなどで隠蔽配管はよく採用されています。

ただ、隠蔽配管にはデメリットもあります。まず、配管の長さが長くなり、曲がりくねるため、空調効率が露出配管に比較して落ちてしまいます。一戸建てに隠蔽配管を採用した場合、害虫が発生しやすくなるというのも欠点です。加湿機能などを備えた高機能型エアコンには隠蔽配管は対応できない、という点や、エアコンの設置や修理にかなり長い時間と費用がかかること、また構造が複雑でメンテナンスが難しいという点もデメリットと言えるでしょう。

2つの隠蔽配管

隠蔽配管には2つの方法があります。1つは先行配管と呼ばれるやり方です。家を建築する段階で、壁や天井にあらかじめエアコンの配管を設置しておく方法です。もう1つは、先に配管を通す空間だけを壁や天井に設けておき、後にエアコンの取り付け工事を行い配管を設置する方法です。もしこれから家の建築をお考えで隠蔽配管を選ぶ予定の方の場合は、どちらのタイプの隠蔽配管にするかを図面を見ながら考えておきましょう。

隠蔽配管は追加工事

エアコン取り付け工事には、2種類あります。1つは標準工事で、もう1つは追加工事です。標準工事とは、エアコンの取り付けに最低限必要な工事のことです。追加工事とは、標準工事だけではエアコンを取り付けることができない場合に追加で行われる工事です

露出配管は標準工事で追加料金は発生しませんが、隠蔽配管は特殊な構造で工事に時間がかかりますので追加工事となり、追加の工事費用が発生します。隠蔽配管が設置された部屋にエアコンを取り付ける場合の追加料金は、先行配管1か所につき6,000円、エアコン取り付け工事の際に配管を通すタイプの隠蔽配管の場合は1か所につき追加料金10,000円が目安となっています。隠蔽配管は、家屋の工事に等しい難度の高い配管ですので、費用も高額になるのです。

費用も手間もかかる隠蔽配管

古いエアコンを新しいエアコンに買い替える際、もし配管を再利用したい場合は配管を洗浄する必要があります。古いエアコンと新しいエアコンでは、使用されている冷媒ガスの種類が違います。配管をそのまま使用し続けると、内部で不純物が形成されてエアコンが故障する危険性が高いのです。

現在主流はR32ガスですが、2012年以前に製造のエアコンの多くは違う種類の冷媒ガスが使用されています。隠蔽配管を洗浄する費用の目安は、配管洗浄1ヶ所につき、20,000~50,000円となっています。隠蔽配管は複雑で面倒な追加工事なので、このように費用も高額になってしまいます。

配管に傷やへこみやひび割れがある場合は、ガス漏れの危険性があるため、また配管の太さが違う場合は、エアコンの故障原因となり得るため、また冷暖房効果が悪化する危険性があるため、配管は新しいものに変更しなければなりません。

新しいエアコンの冷媒ガスの種類が古いエアコンの冷媒ガスと違う場合は、配管を交換することがおすすめです。配管洗浄よりも配管交換のほうが費用も安く済みます。配管交換の費用の目安としましては、配管パイプ1mあたり、2分3分配管の場合3,000円~、2分4分配管の場合は4,000円~となっています。

一般的に用いられることの多い露出配管に比べ、隠蔽配管は、工事、メンテナンスに手間暇がかかり、費用もかかる配管の方法です。隠蔽配管は外から見えず、エアコンの修理が必要となったり、新しいエアコンに取り替えたい場合に、壁や天井を壊さないとならない危険性があります。

まとめ

配管が外から見えず部屋や家屋建物の外観がすっきりときれいに見えること、またエアコンの設置場所の自由度が高いことは、隠蔽配管の大きな長所です。しかし同時に追加工事となるため費用がかかる、空調効果が弱くなるなど、いくつかのデメリットもあり、一般的な方法である露出配管と比較しどちらを選ぶべきか悩ましいところです。エアコン取り付けの際は必ず見積をもらうようにしましょう。

エアコン設置が露出配管法では難しい部屋や、外観をすっきりとさせたい家屋の場合は隠蔽配管を採用し、部屋や家屋の見た目がそれほど重要ではない部屋では露出配管を採用するなど、ケースバイケースでうまく隠蔽配管と露出配管を使い分けるとよいのではないでしょうか。うまく隠蔽配管と露出配管を組み合わせ、すてきなエアコンライフをお楽しみください。